fc2ブログ

丹下健三



今回東京に行ったら絶対に観ておきたい建築があった。
東京カテドラル聖マリア大聖堂。
建築家の名は丹下健三。
東京都庁、フジテレビ本社ビル、赤坂プリンスホテル等々挙げていけばキリのない丹下建築たち。建築だけでなく都市計画にも長けていた丹下さん。広島原爆ドームのあの一帯はすべて丹下さんの手によって作られました。そんでもって日本だけではなく世界にも丹下パワーは及んでいて、ナポリの都市計画やサウジアラビア王国国王宮殿など、重要なプロジェクトも一手に引き受け、彼がその生涯で残してきたのは、都市・建築も含めなんと330。31ヶ国にも及んでおります。今建築家が世界に羽ばたいているのも彼の土台のおかげと言っても過言ではないでしょう。コルビュジエ、ライトに続く巨匠。それが丹下健三です。
そんな彼が1964年に作り出したこの大聖堂。当時世界を震撼させたこの建築は40年建ってもまだまだその衝撃が色褪せません。メタルな外装は太陽の光を反射し神々しく、上から見ると十字の形をしているというしかけ。
しかし中に入るとその外観からは想像もできない姿が…。


もうただただ圧巻な吹き抜け。そしてコンクリートが向きだしの壁。もう言葉も出ないくらい感動しました。そして幸運にもこの日、行ったら結婚式が行われてて、なりゆきで出席させていただくことに(笑) いやぁ、こんなとこで式を挙げられるなんて幸せですね。いつまでもお幸せに。
ちなみに昨年、ここで丹下さんの葬儀が行われました。本人の希望によるもので、丹下さん自身もこの教会を気に入っておられたのでしょう。巨匠の最後を飾るのにこんなにふさわしい場所はないですね。キリスト教会の人もここに来て驚いたとか。キリスト教徒でもない丹下がこんなものを作れるなんて、と。天才ですね。外は未来的で、中はもう既に1000年ほどの時間を内包したかのような神々しさ。モダン建築の弱点の「時の重み」をしっかりものにしてるこの建築はすごい!僕が今までみたモダン建築でナンバーワンです。

そしてこの1964年。もう1つ世界を震撼させた建物を作られました。それが国立屋内総合競技場。代々木体育館として認知は高いかも。僕が行った時は世界バレーがやってました。

ちょっとその全貌を撮るのが難しかったんですが、「吊構造」と呼ばれる構造で、上に屋根を引っ張ってキュって巻いたイメージというか…。とにかくこの2つの建物は世界に多大なる衝撃を与えたのであります。もしコルビュジエが生きてたら絶対嫉妬してたでしょうね。

他にも東京の静岡新聞社や大阪のアップリカなどおもしろい建物があります。


あと、丹下さんのすごいのはなんといっても弟子達を育てるテクニックというか、もしや天然なのかもしれないけど、丹下スタジオからは本当にたくさんの名建築家が出ています。昨年NYのMoMAを建てた谷口吉生さんもそうだし、世界的な論客磯崎新氏もそうだし、東京体育館や京都近代美術館などの槇文彦氏もそう。こんなに名建築家を輩出できた理由は丹下事務所のやり方にあります。普通○○事務所というと、そこの代表の人が1人で案をだして、所員の方々がそれを現実的な形に起こしていくわけですが、丹下さんの場合、まずアイディアを所員の方々と一緒になって考えます。で、その中からいい案をピックアップして丹下流にアレンジしていくわけですが、そこにベテランも新人も関係ないわけで、そうすると新人でも頑張ろうってなるわけです。それが名建築家を生み出すトリックなわけですね。でもやっぱ自分の事務所を持つと自分が自分がってなるところをちゃんと所員の声も反映させるのがすごいなって思います。今回東京を旅をして丹下建築をいくつか見ながら改めてすごさを実感しました。しかし丹下さん亡き後、丹下事務所は息子さんが引き継いでらっしゃるのですが、やはりレベルが…。銀座のフェラガモとか見ましたが、なんじゃこりゃって感じでした…。うーん。
ちなみに丹下さんのお弟子さんの作品で今回1番面白かったのが黒川記章氏のカプセルマンション。これはすごい!メタポリズムという都市を生物の新陳代謝に見立てた運動があって、その一員だった彼が生み出したその建物は、マンションなんだけど、部屋が古くなったら部屋ごと新しいものに変えれるというすごい発想…。残念ながら竣工以降1度も変えられたことはないそうですが…。ちなみに一部屋サンプルで見れるんですが、狭すぎて住む気にはなれないですね(笑)

TOKYO ARCHITECTURES


歩いた…もう足が吊りそうになりながら歩いた…。
それもすべては建築のためッ!前進あるのみッ!
ってことで2日間で回った建築計26!全ては報告できないので気に入ったやつだけ。伊東さんとSANAA(妹島さん)建築はまた後日。

まずは表参道エリア。
1番好きだったのがこの上のヘルツォーグ&ド・ムーロンによるプラダでございます。2005年日本建築学会賞受賞作品。彼らはテート・モダンを建てたことで有名ですが、これ見ちゃうとテートも色あせるっていうか、これぞ彼らの真骨頂って感じがします。あれは元の発電所を限りなく残した結構保守的建築なので。これ見ちゃうと2012年に建つと言われているテートの増築も楽しみですね!
しかしこの網目状の360度ファサードが凄い!!噂には聞いてたけど実際見てみると超感動します。このガラスが実はすごくて、膨らんでるのとへこんでるのがあるんですよね。写真じゃわからないけど。そしてこのガラスの壁と網目はちゃんと建物を支える構造にもなってて、伊東建築の同様柱がありません!僕はこういうデザインと構造が一体になった建物が好きなんです。
そして中へ…ビニール傘持って潜入。


中はさすがに撮れませんが、白を基調にとても綺麗でした。場違いも甚だしかったので、4階まではがんばったんですが、恐くなって上まで行かずに脱出。
あとここ隣にオープンスペースがあって、壁が苔で出来てて素晴らしかった!


表参道エリアはこういう有名建築家が建てたビルがひしめきあってるわけですが、心を打ったのは伊東・SANAA以外ではこれだけ。
隈研吾のONE表参道もちょっと全貌が捉えにくくてわからんかった。近くのドーリックはセンス悪すぎますが、そのまた近くの梅窓院は本当によかったです。
安藤忠雄も表参道ヒルズは前行って失望したんだけど、友達に薦められたコルッツォーネも駄目だった。hhstyle.com/casaは安藤らしくなさが逆に興味持てて楽しみにしてたんだけどこれも微妙…安藤さんの建てる商業建築はやっぱ好きじゃない。
黒川さんの看護協会ビルはカプセルマンションがよかっただけに残念だった。

続いて銀座エリア。
表参道と銀座は夜が真の力を発揮しますね。
こっちは昼行ったんだけど、やっぱ夜の姿も見たくてもう一回行った。
中でも乾久美子さんのディオールはよかった。左が昼、右が夜。


で、隣にレンゾ・ピアノのエルメスがあると何故か勘違いしてて、隣工事してたから焦った…でもちゃんとありました、ちょっと離れたとこに。


ってかこないだの西野達の作品がまだ屋上にあるじゃないですか!(笑) 恒久作品になったんでしょうか、王子様…
しかしその時はあまり気づかなかったけど、このビル本当に綺麗ですね。ゆがんだガラスを敷き詰めたこれまた360度ファサード。正面からしか見てなかったから横とかすごい…名和さんがウインドウディスプレーしてたとこを是非見たかったな…


そして新宮晋さんの作品が揺らめきビルの光を照らす…美の極み。

しんどかったけど夜来てよかった…

他には新橋のビル郡を回りました。ジャン・ヌーベルの電通新社屋は綺麗は綺麗だけどよくわかりませんね。近くのロジャースの日テレもなぁ…ロジャースは新宿歌舞伎町にある林原第5ビルがよかった。にしてもラブホ街なのでちょっと恐かったです…


あとは上野は谷口さんの法隆寺宝物館に行きたかったんだけど入場料がいるとかで、しんどかったしやめ。またいつか。そしてコルビュジエの日本唯一の建築国立西洋美術館。言われるまで全然わからんかったけど、見てもわからんかった…全然5原則守られてないやん…。


とりあえずこんな感じ。ほぼ海外建築家ばかりですね…。
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website
A'holicオーナー
A'holic website
instagram

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
To See List
・2024.02.14-05.27
「マティス 自由なフォルム」@ 国立新美術館

・2024.03.06-06.03
遠距離現在 Universal / Remote @ 国立新美術館

・2024.03.02-04.14
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 @ 板橋区立美術館

・2024.03.09-06.30
カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 @ DIC川村記念美術館

・2024.03.12-05.12
ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?——国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ @ 国立西洋美術館

・2024.03.15-06.09
第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」@ 横浜美術館・旧第⼀銀⾏横浜⽀店・BankART KAIKO

・2024.03.30-07.07
ブランクーシ 本質を象る @ アーティゾン美術館

・2024.04.06-07.07
ホー・ツーニェン エージェントのA @ 東京都現代美術館

・2024.04.27-08.29
デ・キリコ展 @ 東京都美術館

・2024.04.24-09.01
シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝 @ 森美術館

・2024.05.23-08.04
魚谷繁礼展 @ ギャラリー間

・2024.06.06-16
劇団チョコレートケーキ「白き山」 @ 下北沢・駅前劇場

・2024.06.08-12.01
フィリップ・パレーノ展(仮)@ ポーラ美術館

・2024.06.25-09.23
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジ

・2024.06.29-09.16
ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム @ パナソニック汐留美術館

・2024.07.13-09.29
鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)@ 青森県立美術館

・2024.07.20-09.23
平田晃久―人間の波打ちぎわ @ 練馬区立美術館

・2024.09.04-11.24
大西麻貴+百田有希 / o+h展 @ ギャラリー間

・2024.09.07-2025.01.13
内藤礼 生まれておいで 生きておいで @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

・2024.09.25-2025.01.19
ルイーズ・ブルジョワ展 @ 森美術館

・2024.03.27-09.22
アイザック・ジュリアン - Ten Thousand Waves @ エスパス ルイ・ヴィトン大阪

・2024.09.14-12.01
塩田千春 つながる私(アイ) @ 大阪中之島美術館

・2024.09.21-10.06
地点「知恵の悲しみ」@ アンダースロー

・2024.10.03-12.17
松谷武判 Matsutani Takesada(仮称) @ オペラシティアートギャラリー

・2024.10.30-12.16
絵のアティテューズ―― 荒川ナッシュ医(仮) @ 国立新美術館

・2024.11.02-2025.02.09
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×毛利悠子 ―ピュシスについて @ アーティゾン美術館

・2024.11.23-2025.01.26
「再開館記念―トゥールーズ=ロートレックとソフィ・カル」展(仮称) @ 三菱一号館美術館

・2024.11.30-2025.02.02
須田悦弘展 @ 渋谷区立松濤美術館

・2024.10.24-2025.02.25
Bangkok Art Biennale 2024: Nurture Gaia @ BACC他

・2025.01.18-2025.05.18
玉山拓郎 @ 豊田市美術館

・2025.02.15-06.01
フェリックス・ゴンザレス=トレス(仮)@ 国立国際美術館

・2025.09.13-11.30
あいち2025 @ 愛知芸術文化センター、愛知県陶磁美術館、瀬戸市のまちなか

・2025.09.26-11.24
岡山芸術交流2025 @岡山市内各所

QRコード
QR