Anish Kapoor @ Lisson Gallery



リッソンギャラリーの2会場を使いカプーアの展覧会が行われていました。
そしてこの展覧会・・・僕の今年のベスト3に確実にランクイン・・・。
マジでよかった・・・鳥肌もの。カプーア天才。ってか神。
えっと、まず第一会場ではお馴染みリフレクションの作品郡。
最初の作品は、いくつも自分の像が反射して映ってて、左右に移動すると、その反射した像がまるで円を描くような動きをするなんとも不思議な作品。リフレクションシリーズでもこういうのは見たことなかったので新鮮でした。
隣の部屋ではメタリックな塗装を施された彫刻と、マットな仕上げのものが置いてた。特に後者は遠近感が失われる・・・って書いてても実際本人が体験しないとわかんないですね・・・記述表現不可。
そして鏡面のゆるいおわん型作品。去年SCAIでの展覧会完全に逃してしまったので見れてよかった。行った先輩が像が反転する瞬間がやばいんだよーって言ってたのを実際体験。遠くから見るとスプーンに映った像と同じく反転してるんですが、近づくといきなりグルンって像の上下が普通になる!これは本当にびっくり!何が何だかって感じで近づいたり遠ざかったりをくり返してました。
で、1番大きな部屋では上の画像の大きなカーブを描いた鏡面作品。これまた像の反転がさっきのやつより激しく起こって凄まじかったです・・・やっばいわ・・・
下の階では建築家とのコラボ作品の模型が置いてあった。そのうちの1個が直島だったんだけどどういうことなんですかね・・・新しくできたのかな?今調査中です。
にしてもリッソンかなり力入ってますね。こんなスペース広かったっけ?ってくらいもう全部のスペースを開放しちゃってましたよ。

で、問題はもうひとつの会場です。
これはもう本当に神様を見てしまった感じです。
なんといっても「Past,Present,Future」は圧巻。下写真参照
マテリアルは多分絵の具の類だと思うんだけど、これが真ん中の壁がゆっくり動くことで半球に形作られ、壁には生々しい絵の具の残骸が。そしてこの血の色にも似た絵の具が本当にすごい神々しい印象を放ってました。
芸術とかあまりわからない友達と行ったんだけど、彼ですら感動で言葉が出てませんでした。カプーアの作品は本当に心の深くまでズシンとくる。宗教的とはまた違う何かが。この空間に入った瞬間にもうカプーアの世界にどっぷりといった感じ。この人と去年会って握手したなんて・・・はぁ
これは今ロンドンでやってる1番熱い展覧会です。必見。

GILLIAN WEARING @ Maureen Paley
いつも独特な視点から人間の内面を抉り出すような映像作品を作るジリアン・ウェアリング。今回彼女が選んだテーマは「家族」。自分の叔父と叔母の本当に精巧に作られたマスク(制作に1万ポンドもかかるらしい・・・)を被って成りすましたポートレートと彼女の子供の頃を再現した映像作品。前者はマジで精巧すぎて最初何が何だかわかりませんでした。毛穴とかまで表現されてる・・・。後者は正直文章読んでも100%理解はできなかったんだけど、とりあえず2種類映像があって、1つは子供のジリアンがテレビを見続けてる映像。こっちはまだわかるとして問題はもうひとつの方。実際の番組The Familyという多分ジリアンが子供の頃にやってた番組を再現。実際インタビューアーを招いて、Heatherというこれまたジリアンとはどういう関係の人なのかわからない人の子供時代の話を延々と聞くっていう・・・わからーん。誰か説明してくれ・・・。ってことでちょっと評価放棄です(爆) 彼女の作品ってコンセプチュアルだからやっぱ英語完璧にならんとわからん・・・

RICHARD WILSON @ Barbican Curve
前回から始まったバービカンのカーブを描いた展示室を使った作品を飾るシリーズ第2段はサーチギャラリーの油の部屋でお馴染みのリチャード・ウィルソン氏。どんなすごいものを展示してくれるのかとかなり期待してたらなんのこっちゃない、普通に車を加工しただけの作品。サイトスペシフィックでもなんでもありません・・・期待して損した。まあ、規模はすごいんだろうけどね、最後のキャンピングカーぐるぐる回してたやつとか。でもやっぱこの展示会場を生かせてなかったってのはかなり痛いところ。残念でした。

Charls Saatch & Jay Jopling


今ロンドンのアート界はちょっとした転換期を迎えている(気がする)
その要因は2つのギャラリーの動向。
ひとつはチャールズ・サーチ率いるサーチギャラリー、もうひとつはジェイ・ジョップリング率いるホワイトキューブ。

まずはサーチから。
彼がいなければまずロンドンの今の状況はありえないと言っても過言ではない。1988年、デミアン・ハーストがまだ学生の頃にキュレーションした展覧会「Freeze」に置いて、学生の作品を次々に購入し、その後もYBA(ヤングブリティッシュアーティスト)の作家達の作品に惜しみなく金を注ぎ込み名作と呼ばれる作品がロンドンから次々と生まれるに至る。
彼の率いるサーチギャラリー。昨年までロンドンの旧市庁舎にあったのですが、今チェルシーに移転中で来年の夏にはオープン予定。
そんな彼の新コレクションの一端を覗かせる展覧会がこの度ローヤル・アカデミーで行われました。その名も「USA TODAY」。USA?? そう、そうなんです。悲しいかな今サーチの目はかつてのブリット・アートにではなく他の国のアートに向けられているのです。その証拠に次々と昔買い漁ったYBAの作品群を売りさばきまくってます。今年の1月ついにデミアン・ハーストの代表作であり、ブリットアートにおいて重要なキーとなる鮫の作品をNYのMOMAに売ってしまいました・・・合掌
それはそうと展覧会です。
内容はサーチがこの2年で買い漁ったアメリカのアートを紹介するというものなのですが、どんだけ買っとんねん!ってくらいの作品数。さすが大富豪・・・
ほとんどが聞いたことがない作家ばかりでしたが、悔しいけどおもしろかった。
今サーペンタインでもアメリカ作家の展覧会がやってるんだけどそれはもう全くもってラビッシュだっただけに全く期待してなかっただけにびっくり・・・
この展覧会のもう1つの注目すべき点は、昔ブリット・アートが完全に大衆に受け入れられた伝説的展覧会「センセーション」展のディレクター、ノーマン・ローゼンタールが再びサーチと手を組んだ展覧会だということ。
もうこの時点でかなり力が入ってるのわかるし、展示の緊張感が半端なくて、全部の作品がいいとは言えないけど展示のクオリティはピカイチでした。
もっと絵画が多いのかな、とも思ったけど結構立体作品やインスタレーションも多かった。特に入ってすぐのTerence Kohの作品が面白かった。たくさんの髑髏型の立体がガラスケースに入れられて、中にはカビが生えてるやつとかあって結構僕好み。他にもドイツ人だったけど、そんでもって名前忘れたけど、紅葉したどこかの森を撮った写真は本当に綺麗でした。あれマジで存在する風景なんでしょうか・・・すごかった。絵画はあんま感動するものなかったかな。
兎に角、この展覧会を見る限りでは、新サーチギャラリーにブリット・アートが飾られる可能性は極めて低いと見て間違いないといった感じ・・・でも展示室は鬼のようにでかい。やっぱ要チェックですね。

続いてホワイトキューブ。
このギャラリーはロンドンの商業ギャラリーでトップを走り続けているギャラリー。90年代からずーっとYBAをサポートし続けてきた懐の深いジェイ氏の賜物。今やハースト、チャップマン兄弟、エミンなどスター選手たちを抱える大きなギャラリー。
そんなホワイトキューブがこの度新ギャラリーをローヤルアカデミーの近くにオープン!行ってみると、いきなり広場に現れるその名のまんまの「白い箱」。
記念すべき第1回の展覧会はメキシコの作家ガブリエル・オロツコの展覧会。
入ると1階は陽の光差し込む美しい平面向きの空間。お馴染みの彼独特の半円模様ペインティングたちが優雅に飾られておりました。
そしてメインは地下1階。なんと鯨丸1匹の骨が空中を泳いでるではないですか。スペースでかすぎ・・・。そしてその鯨にはペインティングが施されていてすっかりオロツコ作品。図録見てたらボールペンみたいなやつでペイントしてた・・・
作品もよかったですが、本当に展示室がよかった。そして場所がいい!
これ以降の展覧会もモナ・ハトゥム、ハーストなど、サーチとは逆にまだまだブリット・アートを支え続けていくようで、かなり楽しみ。

今後テートの増築もあるし、色々ロンドンアートが楽しみです。
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もりかわみのる

森川穣
現代美術作家。
森川穣 website

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者用
カウンター
検索フォーム
To See List
RSSリンクの表示
QRコード
QR